紫外線対策と日焼け止め

肌の老化対策といえば、紫外線対策

肌の老化対策といえば、紫外線対策ですね。

 

紫外線で細胞がダメージを受けることが老化ですし、目の下のたるみや、ホウレイセンだって、この紫外線の影響で促進されているのです。

 

紫外線対策を考えるとき、日焼け止めローションやクリームは欠かせません。

 

特にこれから夏の暑さも、紫外線の強さも本格的になっていきます。「日焼けした小麦色の肌はかっこいい」と、小麦色の肌が幅広い年齢層に受け入れられてきたのも、はるか昔のことです。

 

当時は、わざわざ日焼けサロンで真っ黒に日焼けした男性が、町にあふれかえってましたよね。

ですが、そうやって、もてたいがために必死に日焼けしたのに、実は皮膚がんの発症元になって人生が台無し、というのでは、あまりに皮肉です。

 

まして、オゾン層に穴が開いているとなれば、今までに無いきつめの紫外線が、私たちの元へ直接、それも大量に降り注ぐことになります。

 

紫外線対策は、けっして夏だけのものではありません。UVーAという波長の長い紫外線が、雲の多い日でも雲を通り過ぎて、私たちの頭上に絶えず降り注いで いるのです。

 

UVAは、家の中や車の中へ容赦なく侵入してきます。ですから、本来の紫外線対策とは、決して野外でだけ導入するというものではないのです。

 

年中無休、これこそが本来の紫外線対策といえるのではないでしょうか。
もっとも手軽にできる紫外線対策とは、日焼け止め剤の塗布を習慣化するということです。

 

ちょっとそこまで1?2分外へ出るというときでも、紫外線は、しっかり振ってきているのですから紫外線対策というよりも、日々のスキンケアアイテムの一つとして、この日焼け止めローションを加えましょう。

 

その場合、ぜひ予備知識として入れておいてほしい事があります。
日焼け止め剤は,正確にいうと、紫外線防止剤といいまして、文字道理、紫外線から肌を守ることが目的です。

 

その防止の方法ですが、2通りあります。

 

・散乱剤・・・皮膚表面に幕を張って、紫外線を表面で跳ね返す機能があります。皮膚に与える影響は小さめです。

 

・吸収剤・・・皮膚表面に幕を張るのは、散乱剤と一緒です。紫外線が肌表面に到達したときに,一度受け入れてから化学変化で紫外線の影響を弱くする機能が あります。

 

一般的にファンデーションや化粧品に含まれている場合が多いです。肌へ与える影響は大きいので、敏感肌や乾燥肌の人には、あまりお勧めはしませ ん。

 

特にUVカットといっていても、素材が石油系だったりした場合は、なおのことお肌の荒れは強くなります。

 

日焼け止め・紫外線防止剤は、もって2時間。汗や水を浴びればなおさら流れ落ちますから、2時間おきくらいに塗り替えをしましょう。今ならファンデーションの上から上塗りできるものもあるようです。

 

紫外線防止剤の保守時間は、PFE,PAの単位で知ることができます。
PFEとは、UVBから肌を守ってくれる保守時間をしめしています。

 

通常は、20?35くらいのもので十分です。この数字が大きいほど、肌への刺戟は大きくなっていくのです。PAは、UVAのことです。

 

その保守度は、+マークで示されます。
通常は、++くらいでいいでしょう。

 

PEFが50というのもありますが、野外へ出ている時間の幅や生活スタイルで判断すればいいと思います。50ということは、2日は保守できるということです。

 

通常は、一日の終わりには、すべて荒い流すことを考えたら、50以上というのは、もったいないように思いますが。

 

このように紫外線防止剤一つ取ってみても、より完璧に紫外線対策を取りたいと思うなら、ある程度の予備知識を持っていた方が、お肌には優しいということですよね。

 

ぜひ、日焼け止めと上手に付き合いながら、暑い夏を笑顔でのりきってくださいね。それはそのまま若返り老化対策でもあるのですからね。

page top