暮らしに役立つマニュアル

頭頂部が薄くなって気になったからウイッグを使いたい

人の髪の毛で作られたウィッグの方が自然?

より自然なウィッグを求めていくと、それは人毛で作られたウィッグであるわけです。人工のものよりもそれは自然なりは当たり前ですが、やっぱり価格がかなりのものになれます。

 

一昔前の人工のウィッグであれば、明らかに人毛のウィッグとはかけ離れた質だったので、高いお金を出しても、買ったほうがよかったのだと思います。

 

まあそれだけ、ウィッグを楽しめる人は当然一部のマダムだけで、とてもいまのように十代から二十代前半のギャルが楽しめるようなおしゃれではなかったですね。

 

人毛のウィッグだったら、ずっと持つような気がしますよね。

 

ミイラなどでも黒髪がしっかり残っていたりして、とても髪の毛は強そうに見えます。

 

でも実際は、体からの栄養分がいかないわけですし、紫外線を浴び続ければ赤茶けて傷んできます。シャンプーやトリートメントも欠かせません。

 

結局自分のかみのけと同じくらい手間がかかってしまったりします。

 

傷んでしまえば、せっかくの自然に見えるウィッグも台無しです。

 

それを考えたら価格や、手入れの面で人口のウィッグの方が優れているのではないかと思います。

 

ちなみに今日本で販売されている多くの人毛のウィッグは中国の田舎の娘さんたちの、穢れのない、黒髪だそうです。

 

招待された結婚式にウィッグはマナー違反?

突然の結婚式で、ドレスにあった髪型にできないとかいった時にウィッグを使おうかと考えたことはありませんか?

 

でも、結婚式に行くのにウィッグというのは、もしかしてら、失礼なのではないかとか・・・マナー違反なのではないかとか心配になって悩んでしまう事もあるかもしれません。

 

ウィッグのイメージには、コスプレとかいうイメージもあるので、品位に欠けるとかいうイメージもあるかもしれません。

 

しかし、今や花嫁さんだって、ウィッグを使う時代です。

 

そりゃー、いかにもどぎついカラフルな色とかてせ明らかに浮いていたらちょっとどうかと思いますが、そうでなければ全然問題ないと思います。

 

普通の中年以降の男性に、ウィッグだとばれない程度の自然なものであれば、いちいち文句をつける人もいないでしょうしね。

 

古い人は、ウッィグに悪いイメージを持っている人もいるので、そういう陰口をいうかもしれませんが、自然な色だったら全然気づきもしないです。

 

ただし、色だけでなく、花嫁さんよりも目立つような、ごじゃすなウィッグはだめですけれどね。

 

ウィッグのおすすめの選び方はこちらが役に立ちます。

page top